脱毛サロンと医療クリニックの違いを知ろう!

脱毛サロンと医療クリニックの違いを知ろう!

2018年2月14日

脱毛処理を自分でやるのではなく美容のプロにやってもらう場合、それができる施設は主に、脱毛サロンか美容外科などの医療脱毛クリニックになります。

大阪には脱毛サロンがたくさんありますが、クリニックも多数あります。脱毛サロンとクリニックは施術方法やサービスなどに違いがありますので、「脱毛サロンのつもりで行ったのに思っていたのと違った」といったことがないように、これから脱毛を始めたいと考えている方はその違いを知っておくといいでしょう。

脱毛効果が違う

脱毛サロンとクリニックの一番の違いは「脱毛機器の出力」です。多くの脱毛サロンで導入されている光脱毛よりも、クリニックのレーザー脱毛の方がパワーが強いので、脱毛効果においては、クリニックの方が高いと言えます。

クリニックでは医師の管理下のもとで施術が行われるので、出力を強くすることができるのです。そのため効果も高いわけですが、パワーが強力な分、光脱毛と比べると肌への負担が大きく、痛みも強いです。特にデリケートな部位のレーザー脱毛の痛みは、思わず涙が出るほどです。
肌へのダメージや痛みを軽くしたいという方には脱毛サロンの方がおすすめです。

また、クリニックのレーザー脱毛は効果が高いので、開始から完了までの期間も脱毛サロンよりも短くて済むというメリットもあります。

脱毛サロンの方が料金が安い

一般的に、クリニックよりも脱毛サロンの方が料金は安く設定されています。脱毛サロンは業界内での価格競争が激しいため、各店舗が競うようにして料金を安くしたりキャンペーンを実施しているからです。全身脱毛のお試しでも数百円でできてしまいます。
それに比べるとクリニックの方は割高であると言えますし、価格設定もクリニックによってバラつきがあります。

また、脱毛に関する悩みを相談できるカウンセリングを無料で受けられるのも脱毛サロンのメリットです。施術後に入念なスキンケアをやってもらえるのも脱毛サロンならではの特徴です。

永久脱毛はクリニックでしかできない

永久脱毛に関しては、法律上医師のいる医療脱毛クリニックでしかできません。なぜならレーザー脱毛はれっきとした医療行為だからです。風邪をひいた時に注射を打ったりするのと同じ医療行為なので、医師免許を持っているお医者さんでないとやってはいけないのです。

脱毛サロンもクリニックもそれぞれに良さがあり、どちらが良い・悪いということは言えません。あなたが何を優先させるのかによります。
それぞれのメリット・デメリットを踏まえてじっくりと検討し、自分に合った脱毛方法を選びましょう。

大阪の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ