大阪で脱毛期間中の汗対策では意外に大事!

大阪で脱毛期間中の汗対策では意外に大事!

2018年11月13日

大阪の夏場は気温30度を超えて猛暑になることもあります。また、アスファルトの照り返しなどでヒートアイランド現象にもなります。そのため、どうしても汗はかくものです。そのなかで脱毛期間中においても汗対策は大事なものです。

そのなかでも特に注意していただきたい点について紹介します。

注意点1:制汗スプレーに頼り過ぎない。

汗を抑えようとするとつい制汗スプレーを使いがちです。しかし、制汗スプレーには化学物質が含まれています。そのため、脱毛期間中のデリケートな肌には刺激が強く、思わぬ肌のトラブルにつながりかねません。汗を抑えるために制汗スプレーを使いすぎないようにしましょう。

必要に応じて使うことは構いませんが、必要の無いときはスプレーを洗い流すなど他の方法で汗対策をしましょう。

注意点2:タオルでゴシゴシ肌をこすらない!

汗をかいたときはこまめに拭き取るようにしましょう。汗を自然乾燥させるのもよくありません。汗を自然乾燥させると水分が蒸発したあとに塩分が肌の表面に残ります。するとその塩分に惹きつけられて顔の皮膚の水分が外に出てしまいます。そのため汗はこまめに拭き取ることが大切です。

このときにも注意点があります。タオルでゴシゴシ肌をこすらないことです。 タオルでゴシゴシ肌を拭くと気持ちよく感じるかもしれません。しかし、肌には悪影響があります。脱毛期間中の肌はデリケートであり、ゴシゴシ擦ることで悪影響を及ぼしかねません。そのため、汗を拭くときはこまめにタオルをあてて拭くようにしましょう。

こまめに汗を拭くように意識することで、脱毛後の肌の仕上がりも変わることでしょう。

注意点3:冷房にも注意!

汗だくの状態で屋外から冷房の効いた建物や電車の中に入ることが夏場はよくあると思います。そのときに汗を拭かずに冷房で乾燥させてしまうことがあると思います。しかし、エアコンのような冷房機器の風は乾燥しており、肌によくない風です。そのため、肌を余計に乾燥させてしまうことにつながります。

暑い場所から冷房の効いている建物などに入るときは、入る前にタオルでこまめに汗を拭くようにしましょう。

以上の注意点が夏場の脱毛期間中の汗対策では重要です。
汗対策次第で脱毛効果やその後の仕上がりにも影響があります。汗をかいたらこまめにタオルで拭くことを意識することで、脱毛をより効果的に行いましょう。日々の心がけが脱毛の成功につながります。

大阪の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ