足と腕どちらが先?一般的な全身脱毛の施術手順とは?

足と腕どちらが先?一般的な全身脱毛の施術手順とは?

2017年7月25日

今回は、初めて全身脱毛をする女性のギモン「どこから始めたらいいんだろう?」「何回通えば効果がでてくるの?」など、一般的な脱毛手順についてお答えします。

1:一般的な全身脱毛の流れ

まず、実際お店で体験する全身脱毛の流れについてご説明します。
はじめに、着替えがあります。サロンによって異なりますが、バスローブや紙パンツなど指定の格好に着替えます。
施術台に横になったら、いよいよ全身脱毛の開始です。
多くの場合、事前の自己処理をお願いされるのですが、剃り残しなどがある場合エステティシャンがシェービングを行ってくれます。こちらは追加料金が発生する場合がありますので、事前に確認しておくと安心です。
その後、専用の冷却ジェルで肌表面を冷やします。
目を痛めないようゴーグルやアイマスクを装着したら、光を照射していきます。施術箇所にもよりますが、一回の施術でおよそ1~2時間。
照射が完了したら、美容ジェルや冷却ジェルなどを使用してお肌をいたわっていきます。
これらを1~2ヶ月に1回繰り返し行うことで、脱毛を行っていきます。

2:施術箇所はサロンによって違う

素肌を見せる機会の多さトップ2「足」と「腕」。「どちらを先にやるべき?」と考えている方は多いはず。
実は、どちらからでも問題ないのです。
全身脱毛はその性質上、2回や3回に分けて全身を脱毛していくという流れが一般的です。そのときに「足から」「腕から」「どちらも一度に」など選択することができます。カウンセリングの際に希望を伝えるのが良いかもしれません。
ただ、足や腕ともなれば範囲が広いもの。もっとも他人の目につく部位でもあります。
初めての全身脱毛でダメージを受け、広範囲で肌トラブルが起こってしまった……などの事態に備えて「足」と「腕」は日を分けて施術するのをおすすめします。
また、サロンによっては「はじめに下半身、次は上半身」といったように脱毛箇所をあらかじめ指定している場合があります。
こちらも、先にカウンセリングで確認しておくと「そんなつもりじゃなかった!」というトラブルを回避できるので安心です。

3:毛周期とは?

そもそも、どうして一回で全身脱毛ができないの?という方も多いかと思います。
それには「肌ダメージの回避」と「毛周期」が関係しています。ダメージはなんとなく想像がつきますが、毛周期って聞きなれないですよね。
実は、全身脱毛に効果のある「毛の状態」は決まっているのです。
毛は、成長して生え揃い(成長期)、次第に抜けていき(退行期)、次の発毛に備える(休止期)、というサイクルを繰り返しています。光脱毛はこの「成長期」と「退行期」のみに機能すると言われているのです。
この生え変わりのサイクルが身体の部位によって違っているので、脱毛の効果が得られるタイミングがバラバラ=一度に全身脱毛できない原因なのですね。

4:何回通えば効果アリ?

個人差もありますが、自己処理をしなくていい状態になるまでにはおよそ12回は必要と言われています。
前述の「毛周期」の関係もありますので、1ヶ月に1回(全身2分の1ずつのサロンの場合)通ったとしても、最低2年という長期スパンが予想されます。
「そんなにかかるの!?イベントに間に合わない!」と思った方、ご安心ください。光脱毛は一度当てるだけでも効果があります。
肌を露出する機会(旅行や結婚式など)があるなら、その約3週間前までにひと通り施術を終わらせておくと、綺麗な状態で当日を迎えられるでしょう。
ただし、脱毛が完了している状態ではありませんので、1ヶ月後にはまた新しい毛が生えてきます。自己処理が不要なくらいムダ毛レスなお肌を目指すなら、やはり「12回以上」を目安にするといいでしょう。

初めての全身脱毛、安心して臨みたいですよね。
現在はどのサロンでも無料カウンセリングを受けられるので、気になったら積極的に活用するのが綺麗への近道かもしれません!

大阪の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ