歯の矯正を行っていても通える大阪の脱毛サロンをピックアップ

歯の矯正を行っていても通える大阪の脱毛サロンをピックアップ

2017年7月29日

歯の矯正中、顔脱毛は受けられる?断られることがある?!

「今、歯列矯正中。だけど顔の脱毛もはじめたい」
歯列矯正も脱毛も、完了までに時間がかかるケアのため、できることなら今すぐ同時に進めたいですよね!

しかし、矯正器具や脱毛サロンの方針などにより、歯列矯正中の顔脱毛を受けられないこともあります。
同じ大阪の脱毛サロンなのに、友達は受けられて、自分は断られた、ということだって起こり得るわけです。事情や条件を理解して、安心して通えるサロンをみつけたいですね。

矯正中の顔脱毛を断られる事情

さっそく、大阪で人気の脱毛サロンに問い合わせをしてみました。そこから明らかになった、歯列矯正をしている方に「顔脱毛ができない理由・ケース」をご紹介します。

① 脱毛マシンが光を発するから

サロンで使う脱毛マシンはフラッシュやレーザーで光を発します。金属製の矯正装置の場合、この光により装置が熱をもってしまう可能性があるのだそうです。
実際には、脱毛マシンの光が頬や鼻下の皮膚を通りぬけ歯まで届くことはまずありません。万が一の、安全面への配慮からの判断と言えるでしょう。

② 脱毛マシンをあてるときに、圧迫する(力が加わる)から

金属製、非金属製にかかわらず、脱毛マシンの光をあてる際にはその箇所に力が加わります。これが口の内側の痛みや、矯正具の歪みなどの原因となる可能性があるという理由から、施術をさけていただくケースもあるようです。

矯正中でも顔脱毛ができる大阪のサロンを紹介します!

では矯正中も顔脱毛をしてくれるサロンは、安全面を考慮していないの?というと、決してそういうわけではありません。

非金属製のマウスピースタイプの矯正装置、自分ではずせるタイプの装置であれば、顔の脱毛を受けつけてくれるサロンは多くあります。また、口の中に、クッションとなるよう綿などを詰めて施術してくれるサロンもあります。
脱毛も歯列矯正も、年単位で取り組むケアだから、しっかり理解し納得して通いたいですね。

大阪で人気の脱毛サロン、歯の矯正中の場合の対応

KIREIMO・キレイモ(心斎橋駅前店、梅田店、なんば店、あべの店)

http://www.大阪の脱毛サロン人気ランキング.com/salon/kireimo.php
KIREIMOでは、金属タイプでもプラスティックタイプでも、口や頬の内側にクッションとなるような綿をはさむことで、顔脱毛も対応してくれるそうです!

C3(梅田店、天王寺店、心斎橋店)

http://www.大阪の脱毛サロン人気ランキング.com/salon/c3.php
C3では、矯正装置のタイプによっては金属が光に反応してしまう可能性がゼロではないため、無料カウンセリングでご相談をとのことです。歯の裏側から固定する矯正装置もあるので、実際にきいてみるのが安心ですね。
ちなみに、プラスティックタイプのマウスピースなど、非金属製の矯正装置であれば問題なく受けられます。

Dione・ディオーネ
新大阪店、心斎橋店、京橋店、なんば店、天王寺店ほか

http://www.datsumousalon-dione.jp/
ディオーネは、取り外し可能な矯正装置の方、非金属製の矯正装置の方であれば、対応してくれます!

大阪の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ