脱毛中に日焼けはどの程度ならOK?注意点や対処法もまとめて調査!

脱毛中に日焼けはどの程度ならOK?注意点や対処法もまとめて調査!

2018年12月25日

脱毛中の日焼けはNG?

脱毛サロンでは必ず、「日焼け後の肌には施術ができません」という注意事項を受けます。一体なぜ、日焼けをした後は脱毛ができないのでしょうか。まずは日焼け後の脱毛がNGな理由から確認してみましょう。
 
●メラニンと脱毛の関係
人の肌は、太陽光から発せられる強い紫外線の侵入を防ぐために、メラノサイトからメラニン色素という組織を作り出して、肌を守ります。日焼けをするとメラノサイトがメラニン色素を多く作ります。一方、サロンで行われている脱毛の多くは、ムダ毛の黒いメラニン色素にダメージを与えてムダ毛を少なくするマシンを使用しています。そのため、日焼けをして肌の中にたくさんのメラニン色素があると、そのメラニン色素にもダメージを与えてしまい、結果として肌を痛めてしまうのです。
 
●日焼けは軽度の火傷状態
強い太陽光を浴びて日焼けをすると、肌は火傷をしているのと同じ状態になります。トラブルがある肌に強い光を当てて脱毛すると、さらに肌にダメージを与えてしまい、水ぶくれや重度の乾燥などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。
 
●脱毛効果が低下してしまう
通常の肌の状態で施術を受けると、脱毛の光はメラニン色素が多いムダ毛に集中して効果を発揮します。しかし、日焼けによってメラニン色素が増えている状態では効果が分散してしまい、十分な効果が得られなくなります。また、日焼けのダメージ肌では照射のパワーを落としての施術が必要となるため、同じく効果が薄くなる可能性があります。
脱毛サロンでは必ず、「日焼け後の肌には施術ができません」という注意事項を受けます。一体なぜ、日焼けをした後は脱毛ができないのでしょうか。まずは日焼け後の脱毛がNGな理由から確認してみましょう。

どの程度の日焼けなら施術OK?

日焼けが脱毛にとってよくないのはわかったけれど、季節や仕事によっては完全には避けられないという人もいますよね。一体どの程度の日焼けなら脱毛を受けられるのでしょうか。また、日焼けしても脱毛を受けられるサロンはあるのでしょうか。
 
●基本的にはNG!日常的に日焼け対策を
 
日焼けをしてしまうと、ほとんどのサロンでは脱毛を断られてしまいます。たとえ冬であっても、屋外に出る時は日焼け対策をしておくのが安心です。日焼け止めクリームをコマメに塗り、サングラスや日傘などでできるだけ紫外線を浴びないようにするのが、美肌になる秘訣でもあるのです。
 
●軽度の日焼けならOK?肌に優しい脱毛サロン
 
最近は肌に優しく、多少の日焼けであれば施術が受けられるサロンも増えてきています。また、日焼けの程度を確認してから脱毛を始めてくれる安心のサロンもあります。日焼けが心配な人におすすめのサロンを3つご紹介します。
 
■コロリー
リーズナブルな料金で高品質な脱毛が受けられるサロンとして、人気急上昇中のコロリー。使用しているマシンは従来よりも肌に優しく痛みが少ないSHR方式の脱毛器を使用しています。
 
■恋肌
低価格な料金で通いやすい恋肌では、クリアエスピーエフという国産のマシンを使用しています。肌に優しいだけでなく脱毛効果も高いマシンで、スピーディーに脱毛を終えることができます。
 
■脱毛ラボ
脱毛ラボでは、施術前に皮膚色素計測器でメラニン色素の量を計ってくれるサービスがあります。使用しているマシンも肌に優しいSHR方式なので、安心して施術が受けられます。

参考サイト▽
フェミークリニック

大阪の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ