脱毛後に肌荒れ…まず行うべき対処法と脱毛時に気を付ける事をご紹介

脱毛後に肌荒れ…まず行うべき対処法と脱毛時に気を付ける事をご紹介

2019年4月22日

サロン脱毛でも肌荒れするの?

かつては痛みとの闘いだったサロン脱毛も、最近はマシンの発展で「安くて、速くて、痛くない」という気軽に受けられるものになりました。しかし、肌のトラブルが全くなくなったというわけではありません。残念ながら、現在のサロン脱毛でも、いくつかのトラブルが報告されているようです。
 
●脱毛サロンでの肌トラブル
国民生活センターの調査によると、2012年~2017年の5年間に全国の消費生活センターに寄せられた脱毛のトラブルは、964件。内、エステの施術によるものは、680件でした。相談者の症状はやけどや腫れなどの大きなトラブルだけでなく、肌の痛みや発疹、かゆみやヒリヒリ感という肌荒れの症状を訴えるものも多かったようです。
一見「思ったよりも少ないな…」と思える数字ですが、これは消費生活センターに相談があった件数。黙って医療機関を受診した人や、自己治療で対処した人はもっと多いと考えられます。
 
●脱毛で肌荒れが起こる理由は?
サロンで行われている脱毛の多くは、毛根にダメージを与えて毛を抜けやすい状態にする光脱毛です。最近は低温で処理をするものもありますが、あくまで施術を受けると肌はやけどに近い状態になっています。このやけどのような状態による炎症反応が、肌荒れの主な原因となります。肌が荒れると、表面に赤みやかゆみ、ひどい時には痛みや発疹を引き起こしてしまいます。

脱毛後の肌荒れ、対処と予防法

では、実際に肌荒れが起こってしまったら、どのような対処法があるのでしょうか。また、肌荒れを起こさないためには、どのような対処法があるのでしょうか。
 
●肌荒れが起こった時の対処方法は?
肌荒れが起こってしまったら、すぐに冷たいタオルで患部を冷やします。注意するのは、氷や保冷剤などの極端に冷たいものでの冷却は避けること。肌への過剰な刺激は、かえって症状を悪化させてしまいます。冷水でぬらしたタオルを絞ってあてるので十分です。症状が落ち着いたら、肌を保湿して様子を見ます。
冷やしたり保湿したりしても症状が改善しない場合は、施術を受けたサロンに相談しましょう。大半のサロンでは提携している医療機関があり、すぐに診察を受けるように案内してくれます。
 
●肌荒れを予防する、脱毛後の対処法
脱毛後の肌荒れを防止するには、皮膚に炎症反応を起こさせないことが大切です。
・肌をしっかり保湿する
・当日の入浴を避ける
・数日は体を温めない
・日焼け止めをしっかり塗る
・前後数日の飲酒を控える
などの対処方法があります。特に大切なのは、肌の保湿。肌が乾燥していると、肌トラブルが起こりやすくなります。逆に肌が保湿された状態だと、脱毛の効果も高まります。日ごろからしっかり保湿をすることが大切です。
 
参考サイト▽
国民生活センター

大阪の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ